14

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

開閉感覚の不確実性を回避する方法

➀開閉感覚を使わなければならない問題か検討する。大局的な見地から知的に冷静な判断をしてみる。常識で判断すれば済む場合が多い。とくに重要な問題ほど開閉感覚は狂いやすいので、知的な判断を優先にした方が良い。相性判断などの様に、知的な判断だけでは限界がある場合に開閉感覚の価値が発揮される。
②知的判断でいくつかの選択肢に的を絞り、それらの内から開閉感覚を使って選ぶ。(既述)
③開閉感覚が正しく働く状態を作る(前述)。
④時間や場所等環境条件を変えて何度も確かめる。
⑤複数の人で判断する。とくにその件に利害関係の無い第三者に開閉感覚で答を出してもらう。
⑥すぐに行動に移さず、しばらく時を経過させ、自然の流れを観察する。開閉感覚を使うまでも無く、時の経過によって解決してしまう場合がある。

次は 開閉感覚の実生活適用上の留意事項