このエントリーをはてなブックマークに追加

開閉感覚が正しく働く状態のつくり方

➀前述の開閉感覚を狂わせる要因を取り除く。とくに電磁波の処理。腕時計や装身具類を外す。天然繊維でゆったりした衣服を身に付ける。時間的余裕のある時に行なう。

②自分の生活を正し、またカイロプラクティックや鍼灸などの適切な治療を定期的に受けて体の歪みを取り除き、心身共に健康な状態を保つ。良い姿勢を保ち、深呼吸をして穏やかな精神状態を作る。

③睡眠を十分にとる。朝起床直後の脳波が落ち着いている時は開閉感覚が敏感に働く。

④開閉感覚を正しく働かせるには自分自身が完全な開であることが必要であるが、そのために下記の様な(自分にとって)普遍的に「開」のものに同調して自分自身をリセットする。

・ 太陽

・ 観葉植物や花

・ 自分に合った色のシンボルマーク (例えば上記のダビデマークの内あなたにとって一番「開」になる色のマーク)

⑤対象にしっかりと深く集中する。そして宇宙全体に同調してどの選択枝が宇宙に一番調和している(開)かで判断する。

次は 開閉感覚の正確性