09

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

9 開閉感覚を効率良くマスターする方法

開閉感覚を無意識の内にマスターする効率の良い方法があります。「開」の音楽、それも出来るだけランクの高いものを、時間の許す限りBGMとして聴き続けることです。最高ランクである「開S」の音楽演奏(ロシアのピアニスト・指揮者ミハイル・プレトニョフ、米国のピアニストケヴィン・ケナー等の演奏)を半年位BGMとして聴きつづけると、意識的に開閉感覚を使おうとしなくても、音楽の「開」と「閉」を瞬時に聴き分けられる様になります。音楽の開閉が分かる様になれば、他の分野への応用は容易です。

次は 開閉感覚を狂わせる要因