07

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

人生で一番大切なことは合っていることをすること

前述の様に開閉感覚は本来「合っているかどうか」を判断するものです。そして人生を渡って行く上においては、それが判るだけで十分です。即ち「合っていることをする」ことを積み上げて行くと、自然に「やるべきことをやる様に、そしてやれる様に」人生が開けて来ます。あとはなすべきことをなすだけです。なすべきことは大きいことでも小さいことでもすべておろそかにせず、天命と思って全うすることです。
起こるべき結果は自然に起きて来ます。結果を早く知ろうとすることは無意味なことです。また期待する結果を実現させる為のテクニックとして、期待する結果をありありとイメージする方法が普及していますが、期待する結果を起こすことが「閉」の場合は絶対に使うべきではありません。イメージしたことを実現する能力のある人、それは現実ではないことを自分の中で現実としてしまう思い込みの激しい人のことですが、その様な人はイメージしたことが実現する場合があります。ところがその様なイメージは結果的に人を陥れる種類のものが多く、この場合「人を呪わば穴二つ」の法則が働いて、結局自分も最も期待しない結果に見舞われます。また期待する結果が起きることが「開」であれば、その実現を目標として努力することは、一つの手段として有効な面もありますが、結果に執着している限りはいつまでたっても本当の安心を得ることは出来ませんので、パワーダウンになってしまいます。

次は 閉感覚は「安心」をもたらす