このエントリーをはてなブックマークに追加

無症状か風邪の初期程度の症状の人が前ページのテストで感染が判明した場合、医療機関に行ってもとくに有効な治療は行ってもらえません。症状があれば対症療法、即ち症状を抑える薬を処方されます。この場合自らの免疫力でウィルスを消滅させない限り、症状が消えても薬が切れればまた発症する可能性があります。

症状を抑えるのではなく、免疫力を高めて治癒に導く方法をご紹介します。これらの方法を採用した場合と採用しなかった場合とでどれだけ死亡率が違ったかという様なデータはありません。またコロナウィルスを直接的に消滅させる働き方をする方法ではありません。その効果に生活環境要因、先天的要因、感染の進行度合いなどによって個人差が予想されます。

 

Ⅰ.漢方薬

漢方薬がまさか対応策のトップに挙げらると思っていた方はほとんどいないでしょう。漢方薬は材料が自然のものなので副作用は少ないが、効果は穏やかで即効性が無く、長期間飲まなければならないという印象を持たれているからです。これは合った漢方薬が処方されずに効果が出ない場合が多いために生じた漢方薬に対する間違った先入観です。自分に合った漢方薬には即効性があります。また合わない漢方薬を飲めば体のバランスを崩し、万病の源となります。

自分に合った漢方薬はオーリングテストや開閉感覚によって試行錯誤無く見つけることが出来ます。下記は風邪のひき始めの時に使われる漢方薬ですが、これらの中に自分が風邪にかかった時に合うものが一つだけあります。そして多くの場合、新型コロナウィルスに感染した時にも風邪の時の本命の漢方薬を使うことになります。

(上記の漢方薬は風邪にかかった初期に効きますが、風邪が中に入り込んでこじれてしまった場合はこちらから選んで下さい。)

これらの漢方薬中で合っている人が多いものから少ないものまでありますが、先入観を持たない方が正確なテストが出来ます。

基礎疾患がある場合、例えば糖尿病で五苓散あるいは八味地黄丸等を服用中という様な場合、それらも選択肢に入れてテストする必要があります。漢方の場合は医薬の様に症状別に薬が決められているのではなく、その時点の体のアンバランスを補正する調合の漢方薬を服用し、その結果高められた自らの回復力で疾患を治癒に導くものです。新型コロナウィルスに感染した場合も、基礎疾患がある場合は、その時点の体のアンバランスを補正する漢方薬が基礎疾患に対する漢方薬(自分に合っていればの話ですが)が本命の漢方薬であることも十分考えられます。

医薬の場合、いくつかの疾患や症状を抱えていると医師は複数の医薬を処方します。漢方薬の場合は一度に飲むのはほとんどの場合一種類です。一人の人間が一時に持てる体質は一つだからです。それぞれは合っている漢方薬でも二種類を一緒にしてテストすると効果が落ちるのが分かります。その時点でベストの漢方薬を一つだけ服用するのが基本と思っていて良いです。

また春先の花粉症のシーズンの場合は、花粉症の漢方薬も選択肢に入れる必要があります。

これらの選択肢の中からコロナウィルスに感染した時の自分にとっての、たった一つの「本命の漢方薬」を見つけ出す手順をご説明します。まず漢方薬の写真を一枚ずつプリントアウトしてして下さい。L版程度のサイズで結構です。画像をそれぞれ右クリックし、「名前を付けて画像を保存」を選択し、一旦ディスクトップなどに保存してから印刷して下さい。それからご自分を含めご家族の写真を2枚ずつ用意して下さい。

ここではセルフ・オーリングテストを使いますので、事前に手の組み換えで力が入る時の状態と力の入らない時の状態を再確認して下さい。また以下の過程で力が入っているかどうか分からなくなった時も手の組み換えをして確認して下さい。

次に前ページでプリントアウトしたコロナウィルスの写真を自分の写真に印刷面同士が接触する様に重ねて自分に負荷を掛けます。この時自分の前胸上部の閉、ないしオーリングに力が入らないことを確認します。

プリントアウトした漢方薬の写真10枚は少しずつ間隔をあけて並べておきます。そしてコロナウィルスの写真を自分の写真に重ねて負荷をかけたままで、もう一枚のご自分の写真を漢方薬の写真一枚一枚の上に順番に、印刷面同士が接触する様に置いて行きます。そして自分自身の状態に注目します。自分の前胸上部が開、ないしオーリングに力が入る漢方薬が一枚だけある筈です。それが自分にとって「本命の漢方薬」です。

ご家族についても同様に行って下さい。ただし子供さんはご両親のどちらかと同じですので、はじめにご両親の本命の漢方薬を見つけておき、子供さんはご両親のどちらの漢方薬が合っているかをテストすれば良いです。前ページで解説した通り、ご家族については本人が居なくても写真があれば判断出来ます。

このサイトにはテスト結果の正確性を期すための方法が詳細に書かれておりますので、それに従って環境条件を整えてテストを行って下さい。

自身が持てない場合はオーリングテストを採用している医師の所へ行って下さい。

バイ・ディジタル・オーリングテスト協会の認定医一覧のサイトはこちらです。

大村恵昭先生による試験を受けて実力を認められた先生達ですので、確かな結果が得られると思います。この一覧の内、漢方薬を処方できるのは医師と薬剤師で、柔道整復師や鍼灸師は処方出来ません。

風邪の漢方薬の一番有効な服用法は、外出時にいつも漢方薬を携帯していて、ウィルスが侵入したら即座に一袋服用することです。

外で傍に咳をする人が近くにいて風邪のウィルスが体内に侵入すると、前胸部中央の気管の部位が緊張して閉塞感、違和感、うっとうしい感じが生じます。この感じは、例えばご自分が腰が痛いとか膝が痛いという場合、その部位に「体の内側から」注目すると、それ以外の正常な部位に注目した場合と比較することによって分かると思います。ウィルスが体内に入ると、気管の部位が他の正常な部位には無い緊張が生じます。痛みであれば注目しなくても気が付きますが、この感覚は意識的にそこに注目しないと見逃がします。

前胸部に気を配っていてウィルスの侵入を確認した時にすぐに漢方薬を服用すると、一袋で感染を阻止出来る可能性があります。

このタイミングを逸して風邪の初期症状が出てしまうと、その後数日間漢方薬を飲み続けることが必要になります。

新型コロナウィルスにもこの服用法で同様の効果が出るかどうか前例が無いので断言は出来ませんが、このタイミングがベストであることは変わりないと思います。

ウィルスの侵入直後を逃した場合でも、毎日特に朝起床直後の体全体の緊張が静まっている時に、前胸部に集中して緊張が無いかどうかチェックし、必要な場合はその時点で漢方薬を飲むとか、その部位にKAIESを当てる等によって、ウィルスのそれ以上の侵入を防ぐことが出来ます。

服用する漢方薬は生薬を煎じたものが一番効果は高いですが、外出時には間に合いませんのでエキス剤を服用するしかありません。この場合店頭で購入出来るものではなく、医師の処方により手に入るものが望ましいです。従ってそれらを上記バイ・ディジタル・オーリングテスト協会の認定医に処方してもらうか、インターネットで医師向けの漢方薬の入手先を探すことになります。

なお合っている漢方薬であっても感染していない時から予防的に飲むということは絶対にしないで下さい。体のバランスを崩し、かえって感染し易くなります。

 

Ⅱ.ポケットKAIES

感染予防法のページにも書いた通り、ポケットKAIESを名刺ホルダーで前胸上部の指定部位に来る様に固定しておくことによって感染の可能性を低下させることが出来ますが、感染してしまった場合も、夜就寝時に前胸上部の指定部位あるいは違和感を感じる部位に固定しておくと、治癒促進を期待できます。

 

Ⅲ. 自分で上部頚椎を矯正する

二十世紀の前半に米国でカイロプラクティックの創始者D.D.パーマーの息子B.J.パーマーは上部頸椎の矯正のみで難病の患者を含め90パーセント以上の治癒率を上げていました。

脳から全身への神経伝達は必ず上部頸椎の中を通って伝わりますので、そこのズレ(正確には位置的なズレと言うよりも稼働制限)を矯正すると全身に回復力が働く様になり、色々な病気が治癒に向かいます。

上部頸椎のズレは優れた診断力と矯正技術を持ったカイロプラクターに矯正してもらわない限りほとんどの人に存在します。

そのズレを矯正すれば病の回復力が向上し、例えば新型コロナウィルスにに感染しても回復は早く、致死率も低下することが期待出来ます。

ここでも又セルフ・オーリングテストを使いますので、事前に手の組み換えで力が入る時の状態と力の入らない時の状態を再確認して下さい。また以下の過程で力が入っているかどうか分からなくなった時も手の組み換えをして確認して下さい。

それでは自分で上部頸椎を矯正する簡単な方法をご紹介します。

  1. まず左右どちらかの手の親指と人差し指の先端同士をつけてオーリングを作ります。
  2. 首を右に回して止まる所まで持って行きます。
  3. この状態でセルフオーリングテストをします。即ちオーリングを作っている親指と人差し指で物を強くつまむ方向に力を入れます。この時の力の入り具合を覚えておきます。
  4. 今度は反対に首を左に回して止まる所まで持って行きます。
  5. この状態でオーリングに力を入れ、この時の力の入り具合を覚えておきます。
  6. ②から⑤を何回か繰り返し、首を右に向けた時と左に向けた時との力の入り具合の違いを確認します。ほとんどの人は左右差があります。それは上部頸椎にズレがあることを示しています。
  7. 首をオーリングが強くなる方向へ力まずに回し止まる所(A点)まで持って行きます。次にそこから僅かな範囲ですがちからを入れてこれ以上回らない所(B点)まで持って行きます。首をまっすぐに戻してまた同じ方向ら回し、A点とB点の位置を確認する動作を何度か繰り返します。二点の位置を把握出来たら二点の丁度中間の位置で首を数分間止めておきます。そのポイントで止めていると全身が一番楽になるのが分かるかも知れません。回し方が弱すぎても強すぎても矯正効果が不十分になります。
  8. ⑦が終わったら首を反対方向、すなわちオーリングが弱くなった方向に回し、オーリングが先ほどの状態よりも強くなっているかどうか確認します。オーリングが弱くなる方向に向けても強くなる方向に向けた時と同じ強さなっていれば矯正成功です。まだ差がある場合は差が無くなるまで⑦⑧を繰り返します。

※以上の手順通りに行えばかなりの効果が期待できますが、習熟して来て⑦でよく集中すると、二点の間のほんの僅かな範囲内にゴムを伸ばす様な弾力性のある範囲があるとに気が付きます。この位置を見つけてそこで止められれば、優れたカイロプラクターに矯正してもらったのと同等の効果が得られます。

以上の矯正が持続する期間は人によっては一ヶ月以上の場合もあります。矯正が不十分だった場合や体を緊張させる生活環境要因の多い人の場合は毎日矯正をすることが必要な場合もあります。

いずれにしても一日一回は首を左右に回しオーリングに差は無いか確認し、差がある場合はすぐに矯正することによって常に高い回復力を保つことが出来ます。

これは非常にソフトな方法ですので、やり過ぎとか癖になるということはありません。

 

Ⅳ. 紅豆杉茶

前ページのテストでコロナウィルスの写真に紅豆杉茶の写真を乗せた瞬間に、コロナウィルスの写真から発せられていた緊張波動が消失することがお分かりいただけたと思います。

新型コロナウィルスに紅豆杉茶が有効かどうかも前例が無いので断言は出来ません。紅豆杉茶は花粉症にも有効ですが、紅豆杉茶のコロナウィルスとの相性は紅豆杉茶とスギ花粉との相性よりも一段上ですので、そこから効果の程度はある程度推測出来ます。ウィルスが体内に居ても、それが発する緊張波動が紅豆杉茶によって消されますので、ウィルスの有害性が低下すると考えられます。

Ⅴ. 「開S」の音楽演奏をBGMとして流す

 

新型コロナウィルス感染有無識別法

新型コロナウィルス感染が判明した時の対応策

新型コロナウィルスの感染予防法